読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せあふれる小さなおうち

シンプルでお気に入りに囲まれた、豊かな暮らし。家族みんなが幸せになれるおうちづくり、頑張ります♪

植栽DIY

Sponsored Link

先日、外構に植える草花を買ってきました。

さっそく植えたいところですが……その前にやることがあります。

ふかふかの土にしたい!

我が家の庭土は少し粘土質で固く、水はけが良くありません。
また、大きな石もたくさん埋まっているため、草花が根を伸ばすこともできません。
まずは土の状態を改良する必要があります。
理想は、人が触っても気持ちいいと感じるくらいのふかふかの土。
草花たちは、土ができるまではポットに入れたままです。

土の改良方法

土の改良はおおまかに、

  1. 土を掘り返す
  2. ふるいで石を取り除く
  3. 目砂・堆肥を入れて混ぜる(目砂は芝生用のものを使いました)
  4. 土をならす

という作業です。
文字にするとあっさりとしていますが、とても大変な作業です。

大変な実作業

ちょうどレインブーツを持っていたので(ベネトンのものですが、丈夫です! 魚釣りにも◎)、
それを着用し、私が剣先スコップで土を崩していきました。
夫は崩した土をふるい、石やその他の不純物を取り除いていきます。

f:id:charmy2016:20161115153231j:plain
↑頑張る夫の図

石を取り除くふるいは、100均ダイソーの「土ふるい」を使いました。
荒目と中目の2種類を用意してあります。
最初のうちは地道に手で拾い出していたのですが、拾っても拾っても終わりません><
ふるいがあるのとないのとでは、ぜんぜん作業効率が違いますね^^;
こうして、残った土と中粒を残し入れ、芝生の目砂などを混ぜていきます。

平日から毎日少しずつやってはいましたが、
休みの日を丸一日使って、やっとふかふかの土にすることができました。

寄せ植えは、季節のお花と多年草をだいたい交互に、
少し大きなスペースには、低木と、下草で立体感を出していこうと思います。

また経過をレポートしますね。