読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せあふれる小さなおうち

シンプルでお気に入りに囲まれた、豊かな暮らし。家族みんなが幸せになれるおうちづくり、頑張ります♪

今晩のグレーテルのかまどはイケメン×北欧×スイーツ!

Sponsored Link

昔見ていたアニメが紹介されるようなので、記事にしてみました。
今晩のグレーテルのかまどで、「“スプーンおばさん”のワッフル」が放送されます。
“スプーンおばさん”といえば、北欧はノルウェー原作の楽しいお話。
今回は、“スプーンおばさん”の紹介もかねて、番組の魅力を紹介していきます。

f:id:charmy2016:20170205221859j:plain
※画像の出典:グレーテルのかまど - NHK

グレーテルのかまどについて

まず、この番組について。
NHKで何年か前から放送している番組です。
内容は、15代目ヘンゼル(瀬戸康史くん)が魔法の「かまど」(声:キムラ緑子さん)と一緒にお菓子を作っていくもの。
毎回お菓子にまつわるエピソードを交えながら、つくり方が紹介されていきます。

今回のスプーンおばさんのように、小さなお子さんも一緒に楽しめる回も多いです。
たとえば、過去の例では“しろくまちゃん”のホットケーキ。
放送されたお菓子を家族で作るのも、とっても楽しめると思います。
(放送時間が遅いところは玉にきずですが……^^;)

絵本やアニメ、文学者やプロレスラーまで。
エピソードはバラエティーに富んだラインナップになっています。
ムーミンスヌーピーハリー・ポッターなどの大人気テーマも取り上げられました。
毎週我が家では楽しみにしています。

ヘンゼル(瀬戸康史くん)は癒し!

ちなみに、去年辺りからヘンゼルがお菓子の完成後に「グレーテル姉ちゃん」へのお出迎えメッセージを囁くようになりました。
一言二言なのですが、自分に向かって言われているようで嬉しくなっちゃいます。
思わず「ふふっ♪」と声が出ちゃいます・笑。

スプーンおばさん

『スプーンおばさん』シリーズは、ノルウェーの作家アルフ=プリョイセンによる童話です。
NHKでアニメ化され、他局でも再放送していました。

ある日突然ティースプーンほどのサイズに小さくなってしまったおばさん。
普通の人ならパニックになってしまうところを、持ち前のポジティブさでいつもどおりに家事をこなしていきます。
小さくなっている間は動物と話せるようになるのですが、それで家事を手伝ってもらったり(強引に手伝わせるときも^^;)、トラブルを解決したりしています。

そんなどたばた劇の中に、昔ながらの北欧暮らしの一端が垣間見えるのも面白いところ。
お話の中ではパンケーキやワッフル、マカロニスープなどの料理も登場します。
これがとってもおいしそうなんですよね。
ワッフルはおばさんお得意の一品。
どんな風に再現されるのか、とても楽しみです。

↑お料理絵本も出ています。

最近の放送をピックアップ

ここのところでいうと、NHKで現在テレビ放送している以下の作品に出てくるお菓子も紹介されました。

どちらも毎回楽しみに観ています。

『守り人』は、お餅のような不思議なお菓子“チャズ”。
『3月のライオン』は手作りラムネと作者の羽海野さんリクエストの桜のラムネでした。

ちなみに『3月のライオン』は将棋アニメですが、たくさんのおいしそうな食べ物・飲み物が登場します。
それもこの作品の醍醐味だと思っています^^

放送日程

NHKEテレ 月曜日 午後10時00分~午後10時25分
ときどき再放送がやっています。
この数年でムーミンママのパンケーキは3回くらいやっているので、また放送するかも?
気になる方はチェックしてみてくださいね^^

番組ホームページはこちら

グレーテルのかまど - NHK
番組ホームページでは、過去の放送のレシピがPDF形式でダウンロードできますよ。
こちらもぜひどうぞ。

ブログ村のコミュニティも参考になります。
にほんブログ村テーマ 暮らしを楽しむへ
暮らしを楽しむ
ナチュラルでかわいい生活*
丁寧な暮らし