読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せあふれる小さなおうち

シンプルでお気に入りに囲まれた、豊かな暮らし。家族みんなが幸せになれるおうちづくり、頑張ります♪

怒りっぽい私。今後変えていきたいこと

Sponsored Link

f:id:charmy2016:20170226191415j:plain

お茶とお菓子で穏やかな時間♪
(今日のお菓子は長野の銘菓「あんず姫」です。)
ゆったりした気分で過ごしていると、普段の自分が客観的に見られる気がします。

今日は色々と反省したいことが思い出されてきました。
私の悩みは怒りっぽいところ。
目下、何とかできないかと頭を抱えています。

怒ってしまう

常々、怒りたくないと思っているのに、カッとなってしまうことがあります。
そういうときは、しばらくしてから罪悪感を感じます。
時には、人間関係を壊してしまうことも。
この性格をどうにかしたいと思っているのですが、なかなかうまくいっていません……。

自分がイライラするもの

今は仕事をやめて家にいるので、毎日主に接するのは夫。
そのため、夫に対して怒りをぶつけてしまうことが多くなっています。
たとえば、洗濯物のたたみかた。
私から見るとどうも不恰好にみえるので、結局私がやり直すことになります。
そんなとき怒ってしまいます。

過去には(ちゃんとできないんだから)「やらなくていいよ」なんてつっけんどんに言ってしまったことも。
手伝おうとしてくれている気持ちに応えられず、夫を傷つけてしまっています。
本当に自己嫌悪です。
夫に言われて気がついたことなのですが、私は「完璧を求めすぎている」ようです。

怒りは、自分の理想や期待を裏切られたと感じるときにわいてくるそう。
根底には、「こうあってしかるべき」という個々人の基準があり、
それと違うものにあうと怒りを感じるのです。

でも、自分にとっては当たり前でも、相手にしてみればそうではありません。
人によって違うのに、それを認めることが難しいのです。
理屈ではわかっているのですが、いざ怒りを感じてしまうとおさまりがつきません。
もっと寛容な心を持ちたいと思っているのですが……。

家族と暮らすということ

家族と暮らすというのは、異なる性格の人が生活をしているということ。
相手の行動が思いどおりにならないのは当たり前です。
お互い「こうあるべき」というものを主張するだけではぶつかりあってしまいます。
そうならないよう、お互い配慮することが家族との暮らしでは大事。
改めてそんな風に感じます。

そう考えると、夫も違う「こうあるべき」を持っていると思うのですが、ぶつかりあうことはありません。
けっこう理不尽なことをいってしまうこともあるのですが、
怒鳴り返されたりすることはこれまでほとんどなかったです。
その点で、夫は怒りのコントロールがうまくできているように思います。

変えていきたいこと

一般的に、怒らないために大切なのは「怒りの感情に振り回されないこと」だそうです。
原因が出来事や相手にあっても、怒りの感情を大きくするのは自分自身。
自分のほうが過剰反応しているかな? 間違っているかな? と、
その場ですこし考え方を変えられれば、気持ちをコントロールできるかもしれません。
もう少し夫の気持ちに寄り添えるようにしたいです。

それでも納得がいかないことがあって怒りそうになったら、冷静になるまで少し置いてみます。

まずは一緒に気持ちよく生活することを心がけるところから。
長い目で見て、怒りがわかない日がくるといいなと思っています。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村テーマ 丁寧な暮らしへ
丁寧な暮らし
ステキに暮らす♪
シンプルで豊かな暮らし