幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【癒し】キャンドルのあかりであたたかな気持ちに。ヒュッゲな暮らしを感じる時間

【Sponsored Link】

▼この記事をシェアする

今週のお題「私の癒やし」

今週のはてなブログのお題は、「私の癒し」
私の中での癒しというと、
あたたかで心休まるものというイメージがあります。
「あたたか」で「心休まる」といえば、キャンドルのあかり。
今回はキャンドルについて書いていこうと思います。

f:id:charmy2016:20171023233307j:plain

キャンドルのあかり

現代日本で一番身近なキャンドルといえば、
バースデーケーキでしょうか。

キャンドルに火をともして家族や友人と囲む時間は、
とてもあたたかなもの。
気持ちがポカポカとしてきます。

我が家のキャンドル事情

我が家でキャンドルに実際に火をつけるのは、
バースデーケーキが主。
でもなかなか本物の火をともして楽しむ機会は多くありません。

代わりにニトリのLEDキャンドルを使って気分を味わっています。
お手軽で雰囲気もあって、火を使わないので安全です。
ゆらゆら、チカチカと揺れるあかりが気持ちをリラックスさせてくれますよ^^

f:id:charmy2016:20171023233303j:plain

香りも楽しめるキャンドル

f:id:charmy2016:20171023233234j:plain

最近IKEA(イケア)でアロマキャンドルを買ってみました。
火のあたたかさとアロマの甘い香りが、
とてもゆったりした気分にしてくれます(これは桜の香り^^)。

置いているだけでもふわっと香りがしてくるので、
部屋に飾っておくだけでも癒しになります。
それもあって、ひとつは未だに使わず寝室のデスクに置いてあります。

f:id:charmy2016:20171023233249j:plain

ヒュッゲな時間

最近はやりの「ヒュッゲ」。
NHKの『あさイチ』や、
日本テレビの『世界一受けたい授業』などで紹介されていました。

ヒュッゲとはデンマーク語で「心地よいくつろぎの時間」だそうです。
インテリアや照明などをうまく使って過ごしやすい時間・空間を生み出すことが、
デンマーク流の幸せに暮らす方法とのこと。
その中でも、キャンドルをうまく使うことが、
ヒュッゲな時間を演出するために役に立つと紹介されていました。

とっても癒し効果のあるキャンドル。
もし興味が出たら、いろいろと試してほしいアイテムです^^

▼癒しのお部屋作りに関する記事はこちらも参考にどうぞ。
にほんブログ村テーマ 北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器へ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器
癒しアイテム・ヒーリングアイデア