幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【掃除】「コーキング」のほこり汚れ、これで取れました

【Sponsored Link】

▼この記事をシェアする

洗面所やキッチンのつなぎ目にあるゴム、「コーキング」。
我が家にはたくさんあります。
ゴム製のためかほこりなどの汚れを吸着するようで、見た目にとても気になっていました。

先日、家の定期点検の際にアフターさんからお掃除方法を聞きました。
今回はその方法を共有しようと思います。

f:id:charmy2016:20170715213324j:plain

汚れがつきやすくて目立つ場所

コーキングはゴムでできているので、ほこりや衣類の繊維がつきやすいです。
特に、洗面所と壁の間を埋める部分。
ちょうどタオル掛けの下に位置するので、繊維が(@ ̄□ ̄@;)!!
色も白なので、余計に汚れが目立つところも曲者です。

ゴシゴシ厳禁。ポイントは優しく拭うこと

まず注意点として、ブラシなどではこすらないようにとのことでした。
ゴムなのでこすると傷がついてしまうし、
また壁との隙間にあるコーキングは壁紙にも傷がついてしまう可能性があるためです。
傷がつくと見た目だけではなく、汚れも入り込みやすくなるとのこと。

さて、本題のお掃除方法です。
お掃除は、濡らして絞った柔らかいスポンジか、綿棒などで優しく拭う方法を推奨していました。
素材を傷つけずに汚れだけ拭き取るというのが大事なようです。

試しに濡らした綿棒で拭ってみました。

f:id:charmy2016:20170701214309j:plain

↓綿棒より左がお掃除した部分です。

f:id:charmy2016:20170701214140j:plain

しっかり汚れを取ってくれています。

おまけ・掃除が済んだら汚れ予防

教えていただいた方法で、コーキングもスッキリしました。
せっかくきれいになったので、その状態を長持ちさせたい。

少し調べてみたところ、
コーキングをきれいに保つ予防掃除の方法を見つけました。


やり方は、あらかじめコーキング部分を掃除しておき、
その上にろうそくを塗るというシンプルなもの。
ろうそくの効果で汚れをはじくようにするということです。
このひと手間で、汚れやカビが付きづらくなるとか。

皆さんのお宅ではどうしていますか??

▼家事を少しでも効率よく楽しく行うための参考に。
にほんブログ村テーマ 掃除・片付けのコツへ
掃除・片付けのコツ