幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

日傘で涼しくUV対策。男性にもオススメな理由とは

【Sponsored Link】

紫外線が気になる季節になりました。
そんなときの対策方法として日傘がありますよね。
我が家では夫も使っています。

日傘で紫外線対策

外出時間が長ければ長いほど、日差しに長く照らされます。
そうすると気になるのが紫外線。
強い紫外線は肌や目、髪などによくありません。
見た目として日焼けが気になる方もいるかと思います。
私の場合、日焼け止めジェルとも併用して紫外線対策しています。

夫も日傘で涼しく通勤

夫は勤め先に20~25分かけて、日陰があまりないところを歩いて通っています。
日傘のなかった夏は頭皮が真っ赤になり、かなり悪い状態に><
ヒリヒリして、抜け毛も増えたそうです。

最初は日傘を使うことに抵抗があったみたいですが、
使ってみると快適だそうです。
あるのとないのでは、暑さが全然ちがうとよく言っています。

営業さんの外回りの暑さを乗り切るためのアイテムとしてもオススメです。
折りたたみできてバッグに入るものが便利ですね。

日傘はどれくらいもつ?

私の日傘は今、このような状態です。
だいたい3年くらい使っていて、色があせてしまいました。

f:id:charmy2016:20170807155753j:plain

日傘の種類には「UVカット素材」「UVカット加工」があります。
UVカット素材は製造時に紫外線吸収剤などを繊維内に練り込むことで、
紫外線の透過を防ぐ機能を持たせています。
そのため、カット効果は低減しづらいそうです。

UVカット加工は後から紫外線吸収剤を付けたもの。
UVカット加工の場合は徐々に効果が減ってきますし、
加工の寿命は2-3年といわれているようです。

UVカットスプレーでお手入れしても、3年くらいすると痛みもあります。
色あせたものは見た目にも替えどきが分かります。
私が持っていたものは加工のほう。
ちょうど交換の時期なんですね。

そのため、新しいものの購入を検討中。
種類や大きさなど、いろいろ調べてみようと思っています。

▼美容と健康に関する記事はこちら。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフの美容と健康へ
シンプル・ミニマルライフの美容と健康