幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

「一筆箋」で気軽に、クラシカルなお手紙を楽しむ

【Sponsored Link】

▼この記事をシェアする

ときおり「一筆箋」を使っています。
メールやLINEでやり取りをすぐ済ませられる時代ですが、
そんな中でも手紙で気持ちを伝えることに、面白さがあると思いませんか?
今回は手書きの手紙を送る楽しみについて書いていこうと思います。

f:id:charmy2016:20170807173341j:plain

そもそも一筆箋とは?

短冊型の細長い便せんです。

一筆箋は「略式」の手紙に分類されるので、
時候のあいさつや拝啓などを書く必要がなく自由に書くことができます。
なので、難しい形式を勉強しなくても気軽に始められるところが特徴。
そこまでかしこまる必要はないけれど、
丁寧さを出したいときに重宝するものなのです。

また、プレゼントを贈るときや借りていたものを返すときの添え状としても活用できます。
短いメッセージであっても喜ばれますし、
感謝の気持ちが自分に返ってくるところも嬉しいですね。

縦書きの魅力

文字の終わりと次の文字のはじまりまでが流れるように心地よく書けるので、
私は縦書きがとても好きです。
昔から日本語は縦書き文字として使われてきたこともあって、
書きやすく感じます。

デザインも豊富

f:id:charmy2016:20170807173345j:plain

季節の花や可愛らしい動物など、イラストが添えられているものが多いです。
イラストが描かれているものは、文字が少なくても様になりますし、
その絵柄のまわりは余白として活かしてもきれいに見えます。

私がいま使っているものは、文房具やさんで購入した「一筆箋 花丸文」。
草花の一株を丸く配した丸文がデザインされています。
こうしたあしらいも素敵ですよね。

ちなみに、ペンは
三菱鉛筆「ジェットストリーム 0.38mm」
と、
ゼブラ「サラサクリップ 0.4mm」
を愛用しています。
こちらもそのうち紹介したいです。

普段はパソコンやスマホを使うことが多い昨今ですが、
こうやって手で文を書くとまたちがった趣きがありますね。
デジタルデトックスがてらに試してみてはいかがでしょうか。

▼暮らしの参考にしているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ 素敵な大人のシンプルライフへ
素敵な大人のシンプルライフ