幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【家事】自分で手を動かすことの大切さ。省略できることと丁寧にやること

【Sponsored Link】

▼この記事をシェアする

本格的に家事をすると、毎日すごく忙しいし大変です。
私の場合も省略できるところは省略したりしていますが、
コップや食器の手入れなどは丁寧にしています。

面倒だと思うこともあるけど、
きれいになったら達成感がありますよね。
今回はそんな家事について考えたことを書いていきます。

f:id:charmy2016:20171128232312j:plain

自分で手を動かす

自分で言うのもなんですが、私は手を動かすのが好きなタイプ。
例えばアクリルたわしで食器を磨いていると、
だんだん楽しくなってきます。

モノに気持ちがあるかはわかりませんが、
手をかけてもらう方がモノもうれしいはず。
手を動かして家事をすることで、
自分の心も磨かれているような気がします。

「科学の過剰に発達した世界」

話が飛躍しますが……。
システムエンジニアとして便利な仕組みを作ってきたり、
SF(サイエンス・フィクション)が大好きで映画や本をよく見たりもしている私。
ですが、よくSFで出てくる「科学の過剰に発達した世界」には忌避感があります。

便利な世の中になるのは良いものの、
なんでも機械任せというのはちょっとイヤです。
昔のSF映画でよく見かけるような、
ドローンや空飛ぶ自動車が飛び交う超ハイテク世界にはなってほしくないと感じています。
人間も少しは自分の手を動かした方が良いと思うのです。

家事で頭を働かせる

ある程度は楽になるのはいいけれど、
あれもこれも全部自動化というのは違和感があります。
私の場合、家事の時間や仕事の時間が半分になるような効率化はOKですが、
家事を完全自動化するというのは感覚的にNGなようです。
ルンバはセーフですが、
ワンタッチで家全部クリーナーがかかるのはアウトというような……説明が難しいですね。

「家事は脳に負担がかかる」という説も世の中にはあるようですが、
逆に言えば脳が活性化していることになるのではないでしょうか。
そもそも家事で脳に負担がかかるなら、世の中のあらゆることが負担ですよね^^;
手を動かすことの大切さは、今後とも意識していきたいと思っています。

▼自分磨きに関してはこちらの記事も参考にどうぞ。
にほんブログ村テーマ 素敵な大人のシンプルライフへ
素敵な大人のシンプルライフ
シンプル思考&暮らし