幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

本好きの我が家。株主優待で本や図書カードをもらっています

【Sponsored Link】

毎年決まった時期に一定以上の株式を保有していると、
色々なものがもらえる、「株主優待」という制度があります。
食べ物や図書カード、カラオケ割引券などなど、
色々なものをもらうことができる仕組みです。

今回はそんな株主優待のうち、我が家で活用しているものの一部を紹介します。

定番の優待、図書カード

いくつかの会社から、図書カードが届きます。
年間8,000円分くらいでしょうか。
色々と買っているとすぐなくなってしまう額(!?)ですが、
毎年続くのでけっこう家計を助けてくれています。

これから始める方で本はそれほど買わないということであれば、
クオカードにすると選択幅が広がるかもしれません。
コンビニなどでも使えますし、書店でも利用OKなところがあります。

変わり種は選べるセット

カドカワ株式会社の場合、
目録の中から書籍を中心に色々なモノをもらえるサービスが株主優待となっています。
昔から保有しているところなので、
長期特別優待という特典もついてきました。

平成29年度の優待内容は以下の内容です。

1年以上保有は(1)~(5)のいずれかを選択。
(1)書籍 合計3冊
(2)DVDまたはBlu-ray 1点
(3)ムビチケGIFT(カードタイプ) 2枚セット
(4)BOOK☆WALKER1500円GIFTカード 2枚セット
(5)ニコニコグッズ 1点

3年以上保有は(A)~(C)を追加で選択。
(A)書籍 合計2冊
(B)ムビチケGIFT(カードタイプ) 1枚
(C)BOOK☆WALKER1500円GIFTカード 1枚

我が家は(1)と(A)で合計5冊の書籍を選びました。

選んだものをご紹介

選んだものを紹介します。
読み終わったら一部レビューをする予定です。

今回は映画『君の名は。』関連が目立ちました。
上ではハウツー本を多く選んでいるのでそういったものが多いように思われるかもしれませんが、
漫画や小説、絵本なども少数ですが選べます。

また以前は雑誌も選べたのですが、
しばらく前に選べなくなったのはちょっぴり残念^^;
(料理が好きなので『レタスクラブ』はすごく良かったです、復活してほしいです><)

株主優待はこんな楽しみ方もできるのです。

我が家に株主優待が届く理由

主には結婚前から夫が持っていたものがそのまま来ている形です。
株自体の量はそれほど変わっていません。

内容を夫に確認してもらいつつこの記事を書いていますが、
夫が最初に株取引を始めた理由は優待の図書カード狙いだったそうです。

あまり多くの株は持たずに株主優待のつく長期投資のみで運用しています。
もともと小説やマンガなどを頻繫に買うため、
図書カードが手に入るとかなりのメリットがあったようです。

ただし株取引にはリスクもあるので、この記事を読んで始めようという方はご注意くださいね。
(夫いわく、株を保有していた会社がつぶれて大損したこともあるそうなので……)

▼こちらも参考にどうぞ。
にほんブログ村テーマ マネー、財テク、資産形成へ
マネー、財テク、資産形成