幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【キッチン】排水口のお掃除をラクにするために。フタを撤去しました

【Sponsored Link】

キッチンの排水口。

ぬめりやカビ、においなど、
掃除がしたくなくなる要素を兼ね備えた場所ですよね。
今日はそんな排水口をきれいに保つために、「フタ」を撤去したお話です。

f:id:charmy2016:20170729210759j:plain

掃除をサボった結果

排水口のお掃除を少し(?)の間サボってしまいました。
「緑の魔女」というキッチン洗剤を使って劇的にぬめりが消えた我が家の排水口。
その効果に油断していたのです……。

いい加減掃除しようかなとフタを外したところ、
かつてないほどの大量のぬめり、黒カビが。
お掃除に追われました。

すっきりキレイになったのはいいのですが、
何とかきれいに保ちたい。
そこで、
排水口の「フタ」を撤去しました。

f:id:charmy2016:20170729210818j:plain

実はお風呂の排水口のフタはかなり前に撤去していました。
キッチンでやっていなかったのは食事を作る場所ということから。
汚いものにはフタを、ではないですが、
なるべく排水口部分が食品や食器につかないようにフタをしていたわけです。

フタがあっても、掃除しにくいと結局不衛生になってしまいます。

そのためには掃除しやすくなるように、
フタを撤去した方が良いかと考えました。

以上が撤去の理由です。

毎日のお手入れへ

浅いタイプの排水口ネット(100円ショップセリア製)をかぶせ、
一日の終わりに取り換えることにしました。
お掃除はそのときに。
これで汚れは気にならなくなっています。

あまりゴミが多くなってくると触るのが嫌になるので、
そうなる前に片付けることで気軽に掃除できています。

フタを撤去したメリット

  • 汚れたフタの掃除が不要に
  • ゴミが目に入るので掃除する気になる⇒キレイをキープ!

水に濡れたフタを触るのが苦手なので、これは良かったです。
フタをビニール手袋ごしにでも触ると例のぬめった感触があるので、
すっかり解放された気分です。

フタを撤去したデメリット

  • ゴミが目に入る

量が少ないとはいえ、ゴミはネットに溜まります。
なので汚れが一目瞭然。
ネットをきちんと交換しようという気になるのはいいのですが、
さすがに来客時はお掃除をするかフタをしておかないと目立ってしまいます。

もう一工夫。乾かすことで雑菌を排除

ちなみに、目からウロコだったのがこちらの記事。
簡単すぎる!これで排水口バスケットはもう汚れない [時短生活] All About
排水口バスケットを熱湯で洗うか乾燥させることが
雑菌のシャットアウトになるとして、スペアを持つことをおすすめしています。

我が家は一つでやっていく予定ですが、
しっかり朝まで乾燥させたいと思いました。
しばらくこの状態で様子を見てみます。

▼こちらも参考になります。
にほんブログ村テーマ 時短家事の工夫へ
時短家事の工夫