幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

水切りカゴは断捨離できませんでした。手放すには惜しいメリットがたくさん

【Sponsored Link】

断捨離報告でよく見る「水切りカゴ」
我が家でもスペースを取るという理由で一度は手放そうかと思いました。

ですが、やっぱり残しておくことに。
今回はその理由を書いていきます。

f:id:charmy2016:20170605231406j:plain

最初に断捨離しようとした理由

ビルトイン食洗機があると、食器はその中にしまうことができます。
が、我が家にはありません。
水切りカゴはカウンター上に置くことに。

すると、オープンキッチンなので全方位から目立ちます。
それからカウンター越しに受け渡し等ができる範囲が狭くなるのも、
ちょっと不便に思っていました。

一旦しまって感じた水切りカゴのメリット

試しに、一度しまってみることに。
その間の水切りはマット1枚のみです。
1週間ほどやってみたのですが、
やっぱり水切りカゴがあった方が便利だと感じました。

水切りカゴのメリットは、

  • 食器を置きやすい
  • 3次元利用(縦置き)できる
  • 水筒やコップなどの筒状のものがよく乾く
  • 食器を拭く手間が不要(ほぼ自然乾燥できる)
  • なくした場合でも食器が広がるスペースは変わらない(乾かし中は狭くなる)

ということだと思いました。

特にうまく置けるというのが良いですね。
不器用なので、平らなところに試行錯誤して積むよりも、
引っかかりがある方がうまくできます。
お手入れについても軽く水で流して済むので、洗うのも意外と楽でした。

他にものを出しておかないことで、
調理スペースは確保できているので問題なく作業できるようにもなりました。
諸々込みで考えた結果、あったほうが便利という結論に至りました。

水切りカゴ仲間発見しました!
www.okeiko-simplelife.com

捨てる取っておくのチョイス

それぞれの家庭によって手放せるものが違いますよね。
我が家の場合は心に余裕を持つために断捨離をしているので、
水切りカゴはあったほうが良いものにカテゴライズできました。

今後も家事を便利にできるよう、いろいろ考えていきたいです。

にほんブログ村テーマ ゆるミニマルへ
ゆるミニマル