読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せあふれる小さなおうち

シンプルでお気に入りに囲まれた、豊かな暮らし。家族みんなが幸せになれるおうちづくり、頑張ります♪

ミュシャの孫ヤルミラのジュエリー展へ。今後も関連展示が目白押し

Sponsored Link

前回、国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」の感想を記事にしました。

www.makeahappyhome.com

ミュシャ展は、本当に素敵な体験でした!
その余韻を残しつつ、同じ日に広尾まで足を延ばしました。
チェコセンター東京で開催されている、ミュシャの孫ヤルミラさんによるジュエリー展覧会を見るためです。

f:id:charmy2016:20170318222837j:plain

身につけられるミュシャ

チェコセンター東京では、ヤルミラ・ムハ(ミュシャ)・プロツコヴァーによるジュエリー展覧会が行われています。
ヤルミラはミュシャの孫にあたる方。

彼女が祖父のミュシャからインスピレーションを得て制作されたアクセサリーが展示されています。
サラ・ベルナールのために描かれたポスターや、プラハ市民会館の市長ホールなどの装飾……。
それらのミュシャ作品から得た着想がいかんなく発揮されていました。

f:id:charmy2016:20170420153155j:plain
カタログ。

全部見ても5~10分程度の小規模な展示ですが、
身につけられるミュシャが見られるまたとない機会です。

会期:2017年3月6日(月)~27日(月)
会場:チェコセンター東京(東京都渋谷区広尾2-16-14。チェコ共和国大使館内)
開館時間:午前10時~午後5時(土日祝日を除く)
入場料:無料
ヤルミラ・ムハ・プロツコヴァーによる ジュエリー展覧会(3月6日-27日チェコセンター展示室) - 東京

ミュシャ展の後に行く場合、
東京メトロ六本木駅から日比谷線で広尾駅まで向かうのがラクだと思います◎

もうすぐ終了なので、興味がある方はお早めにどうぞ。

広尾は散策にもオススメ

広尾でランチ

お昼は築地すし「竹若」さんで食べました♪

f:id:charmy2016:20170319220934j:plain

お店の中はいかにも高そうな雰囲気なのですが、ランチ限定で1,000円のメニューがあります◎
私はネギトロとサーモンの2色丼を食べました!

2017年3月17日時点のランチメニューは、上記の丼のほかに3種類。

  • づけマグロとネギトロの2色丼
  • 本マグロトロ入り鉄火丼
  • お刺身定食

ただし数量限定なので、終わってしまっていることもあります><

築地すし竹若-広尾店 | 本格江戸前すし
広尾駅南口から徒歩1分です。

有栖川宮記念公園

さらに駅から歩いていくと、徒歩3分の距離に「有栖川宮記念公園」があります。
ここはとても広い公園で、
園内には自然を大切にして作られた趣のある景観が広がっています。
豊かな緑はもちろんのこと、至るところに四季の花木が植えられており、その美しさを堪能できます。

3月下旬からはたくさんの桜が楽しめますよ!
有栖川宮記念公園

インターナショナルスーパー、ナショナル麻布

有栖川宮記念公園入口の正面にあるスーパー。
多くの大使館が集まる広尾らしく、たくさんの海外製品を扱っています。
特筆すべきは、その品揃えの多さ。
何時間いてもあきません・笑
ナショナル麻布

今後開催されるミュシャ関連の展示。こちらも要チェック

f:id:charmy2016:20170319223610j:plain

伊藤忠青山アートスクエア

FEEL THE Mucha HEART~民衆の為の芸術(デザイン)とチェコへの愛~
会期:2017年6月2日(金)~2017年7月2日(日) 会期中無休
会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区北青山2-3-1 シーアイプラザB1階)
開館時間:午前11時~午後7時
入場料:無料
伊藤忠青山アートスクエア
ミュシャ展の開催を記念した企画展です。
国立新美術館とは趣向を変え、画家の商業ポスター作品をメインに展示するそう。
国内個人コレクターの所蔵品も多いそうなので、普段なかなかお目にかかる機会がないものもありそうです……!

堺アルフォンス・ミュシャ館

2017年度企画展第1弾・あこがれ~アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々
会期:2017年7月1日(土)~2017年11月5日(日)
会場:堺アルフォンス・ミュシャ館
開館時間:午前9時30分~午後5時15分(入場は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(翌日が土・日曜日、休日の場合は開館)
入場料:一般500円/高校生・大学生300円/小学生・中学生100円
※団体割引アリ。
堺市立文化館 堺 アルフォンス・ミュシャ館 | トップページ
堺アルフォンス・ミュシャ館は、堺市が所蔵するミュシャとその関連作家の作品約500点を所蔵する美術館です。
ミュシャの世界的コレクターである土居君雄氏によって収集されたコレクションは、
ポスターや装飾パネル、油彩画だけでなく、彫刻や装飾品にまで及んでいるそう。
国立新美術館での展示にも、いくつか作品の貸し出しをしていました。
この企画展では、また違った角度からミュシャのことを学べそうです。

とっても楽しめました♪

ミュシャ展のあとに見に行ったこともあって、
「さっき見た作品がモチーフなんだ!」とすぐにわかるものも多く、面白かったです。
体力的にはハードでしたが……^^;
前述のように展示されている数は多くないのですが、
どれもきれいで素敵でした♪

展覧会関係のコミュニティも参考に。
にほんブログ村テーマ 展覧会の感想へ
展覧会の感想
アートイベント
美術館、博物館、ミュージアム