幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【マイホーム】「好きに使う」ことの意味。我が家の場合は?

【Sponsored Link】

以前住んでいたマンションを売却したとき、
「きれいに使っていますね!」といわれました。
褒めていただけると純粋にうれしいのですが、
そのあと「おや?」と思う言葉が続くことが何度か。
今回はそれについて記事にしたいと思います。

f:id:charmy2016:20170708203056j:plain

「自分の家なのにきれい!」

我が家の場合は住みながら売却を目指す方針を取っていたため、
何度か内覧会を実施しました。

よく参加者の方や業者の方にお褒めいただいたのは、
「家の中がきれい」だということ。
見出しの通り「自分の家なのにきれい!」と言われました。

アパート等のように借りている家なら汚さないようにするけれど、
もう購入したものだったら、汚れてもあまり気にせず使っていくという考え方だそうです。
自分たちのものだったら誰に遠慮することもないから、とのことです。

自分たちの家だから

私たち夫婦としてはけっこうオドロキな意見でした。
どちらかといえば、「自分の家だからきれいにしたい」と思っていたからです。
もちろん賃貸(仮住まい)のときにもきれいに使っていましたが、
やっぱり愛着を持って過ごしたい我が家。
きれいさを保って居心地よく過ごしたいものです。

また、手持ちの家の場合は長く住むことが予想されます。
そのため家も長持ちするように暮らした方が、
気持ちの上でも経済的にもプラスになるのかなと思っていました。

考え方のちがい

「自分の家だから好きに使っていこう」というのも、
とても素敵な考え方だと思います。
現に私たちも、好きなように扱った結果、きれいだと思ってもらえたのですから。
たぶんちがっていたのは「好きに使うこと」の方向性なのでしょうね。

もうすぐ今の家に住み始めて一年。
ハウスメーカーの定期点検(2回目)があります。
これからも、きれいな状態で家に住み続けたいと思っています。

▼家づくりについての記事はこちらから読めます。
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て