幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【夏のお出かけ】使い続けたくなる水筒選び。脱水症対策&経済的にもお役立ち

【Sponsored Link】

このところ、30℃を超える非常に暑い日が続いています。
少し出歩くだけでものどが渇いてしまいますよね。
そのときに欠かせないアイテムが、「水筒」。
今回は、その有用性について書いていきます。

f:id:charmy2016:20170807171046j:plain

脱水症対策に

夏に限ったことではありませんが、
体を動かすときに注意しなければならないのは脱水です。
今の気温ではほんのちょっとの外出ですら、汗ばんでしまうもの。
汗をかいた分だけ、体から水分が出ていってしまいます。
そのため水筒を持ち歩くことで、脱水症状を起こさないようにすることができます。

続けるための水筒選び

f:id:charmy2016:20170807171050j:plain

1.軽いもの

水筒の中に飲み物を入れると、それだけでけっこうな重さになります。
飲み物の重さは変えようがないので、
水筒自体の重さが軽い方が持ち運びやすいです。

2.つくりが複雑でなく洗いやすいもの

理由は面倒がないから、というシンプルな結論。
毎日使う=毎日洗うということですので、
楽な方が良いです。

パッキンが簡単に取り外せると、
なおのこと良しです。

3.フタを開けてそのまま飲める

直飲みタイプはすぐに飲めるのでお手軽です。
こぼしにくいところも利点ですね。

4.保冷・保温ができる季節に合わせた機能性

夏でもキンキンに冷えた飲み物はあまり飲みません。
それでも飲んだときにぬるいと、ガッカリしてしまいます^^;
なので、入れたときの温度が保たれているようになっている方が
水筒として優秀だと思っています。

普段から持ち歩くものなので、
お気に入りのものを選ぶことが大事ですよね。
その方が「持って、出かける」という習慣を継続できます。

私が使っている水筒

私はパール金属の水筒を使っています。
上記の4つのポイントをすべておさえた優れもの。

色はサンドベージュ。
5年くらい使っていますが、耐久性もなかなかです。

好みの味で。節約にも

水筒を使う利点は、好みの飲み物を選べるところ。
私は水出しルイボスティーを入れています。

気分次第で麦茶に変えたりも。
色々な楽しみ方ができます。
ただし、砂糖の入った飲み物は水筒が傷むのでやめておいた方が無難ですね。

水出しのルイボスティーなどはまとめて作れる分、1杯の値段がリーズナブル。
毎回ペットボトルを買うより節約になります。
水筒は、体にもお財布にも優しい、心強い味方だと思っています。

▼ミニマリストの皆さんが持っているものは? こちらからどうぞ。
にほんブログ村テーマ ミニマリストの持ち物へ
ミニマリストの持ち物