幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【収納本】『そうじ嫌いでも部屋がずっとキレイな収納のきほん』感想

【Sponsored Link】

カドカワ株式会社の株主優待でもらった、
収納本『そうじ嫌いでも部屋がずっとキレイな収納のきほん』。
とても惹かれるタイトルですよね(笑)。
さっそく読んだので、レビューしていきたいと思います!

著者は整理収納アドバイザー今井知加さん

著者の今井知加さんは、
整理収納アドバイザー1級および整理収納アドバイザー2級認定講師の資格をお持ちです。
まさに整理収納のエキスパートといった方ですね。

もともとは“そうじがラクな家”を目指して設計した注文住宅が完成するまでの経過をつづったブログをされていて、
完成後は“効率のよい整理収納”を主題とした現在のブログ『MakeLife+ゆとり時間 ~楽家事収納 @北欧モダンなおうち~』を継続されているそうです。

ブログには整理収納のノウハウがいっぱい。
この本では、そのノウハウがぎゅっと凝縮されて分かりやすくまとめられています。

メソッド&実例の二層構造がわかりやすい!

おおまかには、
今井さんが整理収納のレッスンでお伝えしているというメソッドをつづったテキストページ
実際にお使いの収納グッズの活用例のカラーページに分かれています。

この本によれば、ものを「必要」か「不要」かではなく、
「使う」か「使わない」かで見定めるのが大切とのこと。
使わないものが減ったら、だんぜん探しやすくなります。
そして使った後は「片付ける」ではなく「元に戻す」。
考え方をほんの少しシフトするだけで、片付けに対する苦手意識が払しょくされるそうです。

メソッドについてレクチャーが載っているページは、具体的な写真の数は控えめ。
そのため「きれいすぎて真似できない……」とはなりにくく、
自分の暮らしに当てはめてイメージしやすいところが良かったです。
(考え方のところに写真が多すぎると、かえってその印象に引っ張られてしまいがちだと思うので)

一方、後半ではカラー写真がたくさん。
無印良品、IKEA、ニトリ、100均などの収納グッズが紹介されています。
こうしたグッズはやみくもに使ってもただものが増えるだけになってしまいますが、
あらゆる場所、あらゆるものの収納に使えるという目線で選ぶと、無駄にすることがないそう。

グッズの活用例ではお子さんのお出かけグッズや衣類、ぬいぐるみの収納なども掲載されています。
お子さんがいらっしゃるご家庭は特に参考になりそうですね。

また「レクチャー⇒実例」という流れは分かりやすくて良かったです。
あの考え方がこう活かされるのか、という読み方ができるので、
ちょうど良い復習になります。
自分の暮らしに当てはめて考えるときの良い例になるので、ぜひ参考にしてみてください。

一番最後には「片付けの先にある部屋の楽しみ」として、
インテリアやイベントの飾りつけの様子が載っています。
北欧系のかわいらしいインテリアが素敵!
暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきて、
片づけの励みにもなりそうでした。

気になる方は手に取ってみてくださいね。

▼収納に関する記事はこちらからもどうぞ。
にほんブログ村テーマ <暮らしのアイデア>収納 家事 インテリアへ
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア
わが家の快適収納