幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【簡単レシピ】秋冬の味覚、鯖(サバ)をお手軽に楽しむ。鯖缶の炊き込みご飯

【Sponsored Link】

▼この記事をシェアする

お手頃価格で売っている鯖(サバ)缶。
そのままでもおつまみになりますし、色々な食材とよく合うので、
アレンジしたり嵩増ししてボリュームあるお料理を作ることができます。
我が家ではつねに常備しているほど重宝しています。

今日は秋らしい雰囲気のある、
サバの味噌煮缶を使った簡単でおいしい炊き込みご飯のレシピをご紹介します。

f:id:charmy2016:20171101232529j:plain

4人前の材料はこちら

材料(4人分)
サバ味噌煮缶(調味液も)1缶
お米 2合
醤油 大さじ1/2
酒 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
お好みの具材(※) 適量
※今回はささがきしたごぼうと細切りの生姜を入れました。

サバの味噌煮缶を使った炊き込みご飯の作り方

1.お米を研ぎ、炊飯器に入れ、醬油、酒、みりん、味噌煮缶の調味液を加え、水を2合目盛りまで入れて軽く混ぜる。

2.お好みの具材と味噌煮缶の中身をすべて入れ、炊飯スタート。

3.炊き上がったらサバの身をよくほぐし、全体を混ぜ合わせる。

f:id:charmy2016:20171101232507j:plain
炊き上がりの図です。

炊飯中から良い香りがします^^
他の具材はきのこ類、にんじん、油揚げなど、
和風の炊き込みご飯に合うものなら何でもいけると思います。
具材を増やす際は水加減を調節してください。
※我が家は炊飯器で炊いていますが、鍋でも問題なく作れます。

f:id:charmy2016:20171101232500j:plain
小ねぎを散らしてみました。

使ったのはこちらのサバ缶です。
青森の正直 さば味噌煮 八戸港水揚げ生原料使用

体にもおいしい栄養の話

いわゆる青魚であるサバには、
豊富なDHAやEPAが含まれています。
DHAとEPAは、どちらも体にとって必要な栄養素で、
DHAは脳の働きの促進、EPAは動脈硬化防止などの効果があるそうです。

味がおいしいだけでなく、体にとっても良い効果があるというのは嬉しいですね。

サバは今の時期が旬

缶詰なので季節はあまり関係ないといえば関係ないのですが^^;
サバは秋から冬が旬の魚です。
缶の代わりに、焼いた切り身一枚をまるごとほぐして入れてもおいしいですよ。

その場合は上の味付けに加えて、
味噌 大さじ1
砂糖 小さじ1

を混ぜると良い具合になります。

炊き込みご飯は、なんとなく秋らしい雰囲気があるように思います。
最近だんだんと寒くなってきましたが、
あたたかいご飯で心も体もホットにしてみてはいかがでしょうか^^

▼お手頃価格の食材で節約♪ こちらも参考にどうぞ。
にほんブログ村テーマ 簡単♪上手に節約術へ
簡単♪上手に節約術