幸せあふれる小さなおうち

夫婦で小さな一戸建てに住んでいます。日々シンプルに。お気に入りに囲まれた、幸せになれるおうちづくりを目指します。

【キッチン】蚊帳生地を使った伝統の「白雪ふきん」を食器拭きに使っています

【Sponsored Link】

▼この記事をシェアする

食器拭きとして「白雪ふきん」を愛用しています。
やわらかな感触は私も夫もお気に入り。
今回は、その良いところをまとめてみました。

f:id:charmy2016:20170809151737j:plain

白雪ふきんとは?

蚊帳(かや)生地を素材として作られたふきんです。
蚊よけの蚊帳、いまではあまり見かけなくなりましたね。
私の小さい頃はまだありました^^

公式ホームページはこちら:
白雪ふきん|NHK『あさイチ』で紹介。蚊帳生地から生まれた、雪のように真っ白で清らかな万能ふきん

主に使っているのはベーシックな「白雪ふきん」と「白雪友禅ふきん」。

白雪ふきん
素材:レーヨン50%、綿50%
サイズ:約30×35cm

白雪友禅ふきん
素材:レーヨン85%、綿15%
サイズ:約30×40cm

白雪友禅ふきんの表面は美しい友禅染め模様になっています。

お気に入りポイント4選

実際に使ってみてのお気に入りポイントを4つ挙げてみました。
やわらかさと吸水性、デザイン、それから再利用のしやすさです。

1.やわらかな手触り

はじめは糊張りがされています(鹿児島産サツマ芋澱粉粉糊とのこと)。

f:id:charmy2016:20170809145921j:plain

お湯で糊を落とすと、くたっとやわらかな感触に。
使うほどに柔らかくなるそうですよ。
食器や手にフィットして拭き心地がとっても良い感じです。

2.吸水性が良い

レーヨンは木材パルプが原料の再生繊維。
吸湿性・放湿性に優れているそうです。
他のものも配合率は違いますが、レーヨンと綿、麻の混合でできているようです。

食器をしまうとき、多少乾いていなくてもしっかり拭き取れるのが気持ち良いですね。
ふきん自体もすぐに乾くので、臭うこともないです。

3.デザインが豊富

公式サイトで全157種類(2017年7月16日現在)のデザインが見られます。
ジブリ作品とのコラボもありますね。
ふきん - 白雪ふきんオンラインショップ/ NHK『あさイチ』で紹介!蚊帳生地のふきん

また、いつも読ませていただいているブログ『すきなものだけの簡素な暮らし』。
リシュさんは桜柄をお持ちです。和なデザインが素敵ですよね。

4.再利用できる

用途を変えても利用できます。
くたくたになったら台ふきんにするなど、
別の用途でも活躍できます。
丈夫なのでずっと使えてしまいそうですけど……^^♪

キッチンではもうひとつ愛用している布ものがあります。
こちらについても別記事で取り上げたいと思います。

▼お気に入りのキッチン雑貨に関する記事はこちらからもどうぞ。
にほんブログ村テーマ キッチン雑貨・食器へ
キッチン雑貨・食器