CharmyNote

~小さなおうちでシンプル&ハッピーライフ~

無理な節約生活よりも、モノを大切にして自然な貯蓄体質へ

- Sponsored Link -

▼この記事をシェアする

暮らしていく上でどうしても考えておく必要があるもの、お金。
将来安定した暮らしをするためには計画的に使うことが大切ですが、
切り詰めすぎて節約疲れしていませんか?

私は買わないことで無理をするよりも、
買ったものを大切にすることに目を向けることを重視しています。

f:id:charmy2016:20180107234650j:plain

節約だけに目を向けない

私の場合は過度な節約をするよりも、
モノを大切にすることを意識した方が結果的に節約になると思っています。

厳しいしばりがあったり、苦しい思いをしてまで節約すると、
必ずストレスが溜まります。

そうなると体を壊したり、
反動で高価な買い物やお金のかかるストレス発散をしてしまったり。

また値段だけに気を取られると、
短いスパンで買い替えをするハメになってしまうこともあります。
まさしく「安物買いの銭失い」という言葉のどおり。
もちろん安いものにも良いものはたくさんありますし、
高くてもすぐダメになってしまうものもありますが……。

モノを大切にする生活

モノを大切にすることを意識することで、
自然と貯蓄体質になっていくと思っています。
ここでは3つの例を挙げてみますね。

1.セールやイベントに飛びつかない

ついつい要らないモノを買ってしまったり、
安いからとまとめ買いすると使い切れないことも。
食材等は本当にそうですよね。
廃棄してしまうのはとてももったいないと思います。

必要なときに必要な分だけ、を意識しておけば、
ムダを大きく減らせます。

2.あれもこれも機能はいらない

自分が欲しい機能だけのシンプルなものを選ぶのも一つのコツ。
いらない機能でも「ないよりはあったほうがいいかも……」と思いがちですが、
その分だけ値段が乗っているわけです。

余分な機能も愛せればいいのですが、
良くて使わないか、悪くすると疎ましくなって買い替えたくなってしまいます。
それに厳選して買えば、できるだけ長く使おうという気持ちになりますよね。
なるべく飽きの来ないもので、大切にしたいものを選ぶのが良いと思います。

3.長く愛用できるものを選ぶ

先ほどの内容とも重なりますが、
長く使えば使うほど結果的には節約になります。
1000円のものを毎年買うよりも、
3000円のものを5年に1度買った方がお金はかかりませんよね。

一見安いものの方がコストパフォーマンスが良さそうに思えても、
実は損していることは普通にあること。
1万円の靴だって、10年使えば年間1000円です。

大切にする=無駄がなくなる

モノを大切に使うことを心がければ、
どんどん暮らしの無駄がなくなっていくと思います。
今は大量生産・大量消費の時代ではありますが、
大事に使うことを意識していくことで気持ちが豊かになるような気がしませんか^^
ついでに少しですが、環境にも優しいかも。

モノを大事にしていくことで、
自然に心もお財布も(笑)豊かに暮らせるようになるはずだと思っています。

▼無理ない節約テクニックに関する記事はこちらからどうぞ。
にほんブログ村テーマ 簡単♪上手に節約術へ
簡単♪上手に節約術
◇家計簿*お金事情*◇
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア